無料で行っている離婚相談を利用して対策を考えてみるのもよいでしょう

HOME>イチオシ情報>どうするべきか見えてこない場合の窓口利用
離婚届

信頼できるかどうか

離婚を考えていても、相手の同意を得ることができなければ成立させることはできません。拒否されているのであれば、どういう方法で離婚を成立させるのか考えてみるべきでしょう。素人の場合には何をしたらいいのか分からない、ということがあるので、離婚相談を利用するとよいでしょう。自治体が無料で定期的に行っていることもあるので、相談を行って専門の弁護士を知っておく、というのもよいでしょう。弁護士に相談をする場合でも離婚問題を専門に扱っているのかどうか、チェックをするべきです。信頼できる人なのかどうかも確認をする必要があります。そうすることによって、スムーズな解決も行うことができるでしょう。信頼できる弁護士であれば、何かトラブルが生じた場合でもすぐに相談をすることができるので、不安要素を取り除くことも可能となります。

法律事務所にアクセスする場合

離婚相談を行う際に法律事務所に足を運ぶということもあるでしょう。初回の相談であれば無料で行っているところもあります。しかし時間もかなり限られていることが多いので、どういう内容を相談するべきなのか、メモ程度に作成をしておくとよいです。そのメモに従って聞きたいことを整理することができれば、不安に感じている点も解決させることができるかもしれません。中には最初の30分だけ無料であとは有料ということになっている法律事務所もあるので、十分注意をしなければいけません。事前にアポイントメントを取ってからではないと、離婚問題専門の弁護士が不在という可能性もあるので、事前に相談の予約は取っておく必要があります。出来るだけ離婚問題の訴訟実績がある法律事務所がよいでしょう。